WiFiに繋がったけど通信速度が遅い!そんな時の解消方法とは?

iPhone/Android端末でWiFiに接続した際、通信速度が遅くてインターネットが使えないと感じたことはないでしょうか。

接続するWiFiによって通信速度に違いがあるのは、どのような理由があるからなのでしょうか。この記事では、その原因と通信速度が遅い時の対処方法をまとめました。

 

WiFiの速度が遅い原因

・ルーターとの距離が遠い

WiFiルーターとの距離が遠いとネットのスピードが遅くなることがあります。

また、WiFiルーターとスマホの間に壁などの障害物がある場合も同様で、特に鉄筋の壁などは電波を通しにくいのでWiFiが遅くなる場合があります。

・回線につながっている端末が多すぎる

WiFiルーターに接続している端末の数が多すぎるとWiFi接続のスピードが遅くなることがあります。また、端末一台一台が動画を見ているような状況もそれぞれのWiFi接続のスピードを落とす要因になります。

・電波の干渉が起きている

WiFiが設置されているスポットが多くなったことにより、それぞれのWiFiが干渉し合ってしまい通信スピードが落ちてしまうことがあります。


ネットが遅い時の対処方法

それでは、WiFiの速度が遅い時はどうしたら良いのでしょうか。

・利用していないアプリを終了させる

アプリを立ち上げたままにしていると、通信状態が続いてインターネットの速度が遅くなってしまうことがあります。使っていないアプリは小まめに終了させるようにしましょう。

・ルーターを再起動する

WiFiのルーターのスイッチを触れる環境なのであれば、スイッチを一旦OFFにして、少し時間を置いてからONにする方法もあります。

説明書を確認し、正しい再起動方法を確認しましょう。

 

そもそも遅いWiFiに繋がないことが重要!

上記の通りWiFiの通信速度が遅い場合の対処方法はいくつかありますが、「スピードの遅いWiFiに繋がない」というのが確実な対処法の一つです。

全国35万箇所以上のフリーWiFiに自動で接続してくれるアプリ「タウンWiFi」なら、「遅いWiFiに接続しない」という機能があります。

App Storeで『タウンWiFi』をダウンロード

Google Playで『タウンWiFi』をダウンロード

 

<機能の使い方>

1)タウンWiFi内の「管理」タブを選択

2)「遅いWiFiに接続しない」を選択

 

 

 

 

 

 

 

3)「WiFiの最低速度を設定」をオンにし、4段階でWiFiの最低速度を選択

・250kbps以上:メールやLINEなどができる
・500kbps以上:WEBページが見れる
・1Mbps以上:WEBページはサクサク
・2Mbps以上:動画が見れる

 

 

 

 

 

タウンWiFiで快適にフリーWiFiを使おう!

せっかくWiFiに繋がっているのに、通信速度が遅すぎてイライラする事がありますよね。

そんなイライラを防ぐためにも遅いWiFiに繋がないという設定ができる「タウンWiFi」がオススメです。

2016年8月に実装されたこの設定機能は、ユーザーから「神アップデート」と称えられ、ネットで話題になりました。

タウンWiFiユーザーからの声から生まれたこの機能を、ぜひ試してみてくださいね!