1ギガ追加オプションの申し込み方法と料金をキャリア別に紹介

スマートフォンには、通信制限という厄介なものがあります。通信制限とは、毎月のスマートフォンの利用料金に含まれる通信量(2ギガ、6ギガなど)を超過した時に通信速度を遅くされてしまう状態をさします。通信制限は翌月にならないと解除されないため、WEBサイトの表示速度が著しく遅くなったり、動画が再生できなくなったりと、とても不便な思いをすることに・・・

そんな通信制限をすぐに解除したい場合は、料金を支払って通信量を追加購入することができます。この記事では、通信量の追加購入方法や通信量の節約方法をご紹介します。

※本記事では通信量の単位を「ギガ」と表記しますが、正しい単位の読み方は「ギガバイト」です。省略して、「ギガ」「GB」と表記されることがあります。

1ギガ追加オプションプランの申し込み方法と料金

・ドコモの「1GB追加オプション」
ドコモでは、2パターンの通信量追加方法があります。尚、どちらの場合でも1ギガあたりの料金は税込1,080円で、追加購入した通信量の有効期間は購入月の翌月末日までです。追加オプションはMy docomoから設定することができます。

<リミットモード>
通信制限がかかった時に、「手動」で1ギガを追加購入する方法です。申し込みは、PCやスマートフォンからMy docomoにアクセスし、「通信量の確認・データ量追加」のページから「1GB 追加オプション / 128Kbps 通信解除申し込み」を選択します。

<スピードモード>
通信制限がかかった時に、「自動」で予め設定していた範囲内で1ギガずつ追加購入される仕組みです。例えば、通信制限が発生したら自動で1ギガ追加され、さらにその追加分の通信量を超えた場合は再度自動で1ギガ追加されることになります。追加されるギガ数の上限は自由に設定できますが、無制限に設定した場合は青天井で追加されることになるため、高額請求のリスクがあります。


・auの「データチャージ(購入)」
auの「データチャージ」では1ギガあたりの料金は税込1,080円で、追加購入したデータ通信量の有効期間は購入した日から62日間です。申し込みは、データチャージサイトからすることができます。さらに、auのデータチャージには以下2つの特徴があります。

・追加購入する通信量を「0.5ギガ」と「1ギガ」のいずれかから選択できる
※0.5ギガの場合は税込594円。
・通信量の追加購入を予約することができる


・ソフトバンクの「追加データ」
ソフトバンクで追加のギガを購入する方法には、「制限モード」と「快適モード」の2つがあります。1ギガあたりの料金は1,080円です。auと同様に0.5ギガ(税込594円)の購入も可能で、追加購入した通信量の有効期間は購入月の翌月末日までです。My Softbankから購入できます。

<制限モード>
通信制限がかかった時に、「手動」で0.5ギガまたは1ギガを追加購入する方法です。

<快適モード>
通信制限がかかった時に、「自動」で、予め設定していた範囲内で1ギガずつ追加購入される仕組みです。ドコモの「スピードモード」と同様の仕組みとなっており、通信量の追加回数を無制限か1~10回に設定できます。

残データ通信量の確認方法

ここからは、今月の通信量があとどれくらい残っているのかを調べる方法をご紹介します。

・ドコモ
残りのデータ通信量はdメニューから確認することができます。まずは、お客様サポートを表示してください。そこから、「料金・通信量などの確認」→「料金の確認」→「ご利用データ量確認(当月分)」より確認できます。このとき、ネットワーク暗証番号を入力する必要があります。


・au
データチャージサイト(残データ容量の内訳)」にアクセスしてログインすると通信量の残量が確認できます。

・ソフトバンク
My Softbankにログインし、「メニュー」→「使用量の管理」→利用状況の「詳細を見る」で残りの通信量を確認することができます。


通信制限を予防するには?

通信制限がかかってしまうのを避けるためには、賢くフリーWiFiを活用することが大切です。現在ではコンビニやカフェ、地下鉄の駅、ショッピングセンターなど、あらゆる場所に無料で利用できるWiFiが設置されています。
特に動画を閲覧することが多い方や、毎月色々なアプリをダウンロードする方は、フリーWiFiの使用によって通信量を節約すると良いでしょう。


無料WiFiの自動検索はタウンWiFi

知らず知らずのうちにデータ通信を使用しすぎてしまい、気づいたら通信制限がかかってしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。通信制限がかかってしまった場合は、必要なだけデータ通信量を追加購入して利用することが可能です。

しかし、追加の通信量は1ギガあたり税込1,080円と、決して安い買い物ではありません。通信制限がかかってしまう前に、フリーWiFiを利用して毎月の通信量内におさまるようにすることをオススメします。

無料アプリの「タウンWiFi」は、アプリをダウンロードして簡単な初期設定を行うだけで、日本全国35万箇所のフリーWiFiに自動で接続してくれます。タウンWiFiならフリーWiFiを利用する際の面倒な認証手続きも全て自動で行ってくれ、さらに速度が遅いWiFiには繋がないようにしてくれるという便利な機能もあります。

タウンWiFiを利用している人の中には平均して月間10〜20ギガを節約しているという声も!この通信量を追加で購入した場合、約1万円〜2万円以上になることを考えると、かなりの節約になりますよね。

是非タウンWiFiを利用して、快適にインターネットを楽しみましょう。