WiFiに接続したのにインターネットに繋がらない時の対処法

スマホの通信量を節約したい。そんな時に便利なのが、色々な場所で無料提供されているWiFiですよね。

ただ、フリーWiFiにスマホで接続してもネットが使えないということはありませんか?それは「認証が必要なのに認証が正常に完了していない」ために起きているのかもしれません。

この記事では、この現象の原因と解決策について説明します。


WiFiに接続したのにインターネットが使えない原因

ほとんどの場合、フリーWiFiを利用するために必要な認証を正しく完了していないことが原因です。

ホテルや会社などで提供されているWiFiは、パスワードを入力するだけでWiFiを利用できることが多いのですが、コンビニ・カフェ・空港など公共の場のフリーWiFiは認証を求めるものが多々あります。

さらに、フリーWiFiは、WiFi提供者によって利用登録の手続きが異なります。そのため、WiFiの利用者はWiFi毎、スポット毎にそれぞれ定められた認証を完了させる必要があるのです。

 

認証フローと問題の解決方法

それでは、何故認証を正しくすることができないのでしょうか。

まずは基本的な認証のフローから正しく理解した上で、解決方法を学びましょう。

 

<WiFiの認証フロー>

1,スマホで「設定」→「Wi-Fi」でWiFiをオンにする

2,接続したいフリーWiFiを選択する

3,ブラウザ(Safari、Google Chromeなど)を立ち上げて適当なページを表示させる

4,認証画面で必要な手続き(メールアドレスの入力、利用規約への同意など)をする

 

<WiFiの認証が失敗するとどうなる?>

このフローのうち、3つ目の手順でブラウザを立ち上げたときに、以下のようなページが出てしまいます。
※Androidでは「このウェブページにアクセスできません」と出ます。

 

<何故この現象が起きるの?>

「3,ブラウザ(Safari、Google Chromeなど)を立ち上げて適当なページを表示させる」で表示させたページが「https」から始まるものだと、この現象が起きてしまい認証ページにたどり着けません。

 

<どうしたら認証ページが表示されるの?>

この現象を解決するためには「http」のサイトを開く必要があります。以下のようにURLの部分の「s」を削除してみましょう。これで認証画面が表示されます。

 

タウンWiFiを使えば一気に解決!

そもそも何故、WiFiを利用する際に認証が必要なのかというと、フリーWiFiを利用した不正行為の抑制や、不正を行ったユーザーの特定をするため。

自分が提供しているフリーWiFiでトラブルを起こされたくない提供者側の気持ちもわかりますが、フリーWiFiに接続するたびに認証作業をしなければならいのは面倒ですよね・・・。

そんな時は無料アプリ「タウンWiFi」を使いましょう!

タウンWiFiであれば、全国35万箇所以上のフリーWiFiに自動的に接続してくれ、さらに認証も行ってくれます。

今では300万人のユーザーが使っている「タウンWiFi」。是非あなたもダウンロードしてみてくださいね!